禁煙外来

品川区ドクターズアクセスムービー _三浦医院

品川区ドクターズクチコミムービー _三浦医院

品川区ドクターズ_三浦医院

診療時間
 
午前 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
午後 ◯ ◯ ◯ ◯

午前:9:00-13:00
午後:15:00-18:30

土曜日・水曜日の診療は13:00までです。
休診日:日曜日・祝日

アクセス

目黒線不動前駅より徒歩1分

アクセスページへ

禁煙外来について

禁煙外来は、煙草をやめたい人向けに作られた専門外来の科目です。
ひとりでは禁煙を成功させるのはなかなか難しいものです。
「禁煙しよう」という意思をお持ちなら、禁煙外来を受診することをお勧めします。

タバコが深くかかわる病気

肺がん

日本人のがんでの死亡数第1位は肺がんです。肺がんになる危険因子には加齢や家族歴、呼吸器疾患などがあげられますが、最も影響があるのが喫煙とされ肺がん患者の8割は喫煙歴があるとも言われています。

心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養を送っている血管(冠動脈)が詰まり、心筋に酸素が行き届かず不足することです。
タバコを吸っていると動脈硬化が進みやすくなり、冠動脈も詰まりやすくなります。そのため、タバコを吸う方は、吸わない方に比べて心筋梗塞が起こるリスクが高まります。

脳卒中

脳卒中は、脳の血管が詰まったり破れたりするために、その先に十分な酸素や栄養が行き届かず、脳細胞が死んでしまう病気です。
脳卒中が起こると、後遺症で寝たきりになったり、命を失ったりする場合もあります。

動脈硬化

動脈硬化とは、血管(動脈)の壁が厚くなり、血液が通りにくくなったり、全く通れなくなったりする状態です。
タバコを吸っていると、悪玉(LDL)コレステロールが血管にたまりやすくなるだけでなく、動脈硬化を防いでいる善玉(HDL)コレステロールが減ってしまいます。そのため、動脈硬化が発生・悪化しやすくなるのです。

COPD

COPDとは慢性気管支炎と肺気腫という2つの病気の総称です。別名たばこ病と言われ原因の90%は喫煙です。たばこなどが原因で気管支に炎症が起こり、肺胞が破壊され、呼吸がしにくくなります。喫煙歴のある人の20%が発病しています。

妊娠・出産への悪影響

喫煙により不妊の危険性が高まるという報告があります。また、たばこを吸っている妊婦は、吸わない妊婦より約1.5倍流産や早産をしやすくなり、低出生体重児の生まれる頻度も高くなります。

他にも、タバコが深くかかわる病気は、ぜんそく、高血圧、がん、糖尿病など様々あります。

健康保険等で禁煙治療を受けるには

2006年4月から、一部の施設で禁煙治療が保険適用となりました。
一定の基準を満たしていれば、健康保険の保険適用がされます。

健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。

  1. ニコチン依存症を診断するテストで5点以上。
  2. 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数=200以上
  3. 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることに文書で同意している

前回の治療の初回診療日から1年経過していること。

過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。

ニコチン依存度テスト

5点以上であれば保険適用となります。

はい1点/いいえ2点

Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、出来なかったことがありましたか?
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
Q4 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(いらいら、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加)
Q5 Q4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
Q8 タバコのために自分に精神的問題(*)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

*(注)禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

保険診療による禁煙治療スケジュールと禁煙治療にかかる費用

保険診療では、5回の診察で3割負担の場合、約13,000円になります。

自由診療だと全額自己負担となりますので、約30,000円台から50,000円の費用が掛かかります。

1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。

標準的な禁煙外来での禁煙治療プログラムは、12週間にわたり計5回の禁煙治療を行います。
受診の際には、初診料、再診料のほかに、ニコチン依存症管理料が必要です。