脂質異常

品川区ドクターズアクセスムービー _三浦医院

品川区ドクターズクチコミムービー _三浦医院

品川区ドクターズ_三浦医院

診療時間
 
午前 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
午後 ◯ ◯ ◯ ◯

午前:9:00-13:00
午後:15:00-18:30

土曜日・水曜日の診療は13:00までです。
休診日:日曜日・祝日

アクセス

目黒線不動前駅より徒歩1分

アクセスページへ

脂質異常症とは

血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が、過剰な状態を指します。
自覚症状がないため、放置すると血管に異変が起こり、動脈硬化を引き起こします。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因の多くは、不適切な食生活と運動不足などの生活習慣にあります。
栄養バランスを欠いた食生活から起こる肥満から、血液の状態がドロドロとした状態になってしまうことが、大きな原因とされています。
一方で痩せているのに脂質異常症診断された場合など、原因の中に遺伝的要因によるものがあります。

脂質異常症の診断基準

健康診断に含まれる血液検査で診断ができます。
初期は自覚症状がないため、健康診断を定期的に受けることが大切です。

検査項目とその診断基準は

高LDL-コレステロール血症 LDL-コレステロール 140mg/dL 以上
低HDL-コレステロール血症 HDL-コレステロール 40mg/dL 未満
高トリグリセリド血症 トリグリセリド 150mg/dL 以上

脂質異常症の予防と治療法

脂質異常症にならないためには、食生活に注意し、適度な運動を心がけることが大切です。
脂質異常症と診断されたら、治療の基本は、予防と同じように食事療法・運動療法・そして薬物療法になります。

食事療法

LDLコレステロール値・中性脂肪値を下げるために食生活の改善をしましょう。

  • 食べ過ぎない
  • 糖分を取り過ぎない
  • コレステロールの多い食品を控える など

運動療法

ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

食事療法・運動療法で、改善できない場合には、薬物療法を用います。