睡眠時無呼吸症候群

品川区ドクターズアクセスムービー _三浦医院

品川区ドクターズクチコミムービー _三浦医院

品川区ドクターズ_三浦医院

診療時間
 
午前 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
午後 ◯ ◯ ◯ ◯

午前:9:00-13:00
午後:15:00-18:30

土曜日・水曜日の診療は13:00までです。
休診日:日曜日・祝日

アクセス

目黒線不動前駅より徒歩1分

アクセスページへ

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)とは、睡眠時に10秒以無呼吸状態になり、その状態が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上起こることを言います。

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に症状が出る為、自分自身で気がつくことが難しく、その影響は昼間活動している時にあらわれる為、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

睡眠時無呼吸症候群は、肥首周りの脂肪が空気の通り道である気道を塞いでいることが原因の一つとされていますが、遺伝的あるいは後天的に上気道が狭くなっていることなど肥満が原因ではない場合も多く、誰しもが発症し得る病気であると言えます。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時

  • 継続的ないびきをかいたり、いびきの途中に大きな呼吸を挟んで再びいびきをかきはじめる。
  • 呼吸が止まる、呼吸が乱れる、息苦しさを感じる、むせる。
  • 何度も目が覚める(お手洗いに起きる)。
  • 寝汗をかく。

起床時

  • 口の渇き
  • 頭痛
  • 熟睡感がない、すっきり起きられない。
  • 身体が重いと感じる。

起床時

  • 口の渇き
  • 強い眠気、だるさ、倦怠感がある。
  • 集中力の低下
  • 常に疲労感がある。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時に呼吸がとまる原因は主に2つあります。
1つ目は空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)、2つ目は呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。

そして、男女別の発病率を比較すると男性に多い傾向があり、女性に比べて男性は上半身に脂肪が付きやすい特徴があるためだと考えられます。
年齢別では男性は30代〜60代の働き盛りに多く、女性はホルモンバランスが崩れやすい閉経後に多い傾向があります。

 

また、下記のようなタイプに当てはまる方も要注意です。

  • ヘビースモーカー
  • 過度な飲酒(特に寝る前のお酒が習慣化)
  • 肥満
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある。
  • 首が短い、首が太い、まわりに脂肪がついている。
  • 下あごが小さい、小顔
  • 下あごが後方に引っ込んでいる。
  • 歯並びが悪い。
  • 舌や舌の付け根が大きい。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査



当院では、携帯用睡眠時無呼吸検査装置を使用して自宅でできる検査を受けられます。
検査装置を指先や鼻の下などに装着して普段と同じように寝ていただき、様々なデータ(呼吸・いびき・SpO2・脈拍数・体位・体動など)を収集します。

1割負担 900円(税抜)
3割負担 2,700円(税抜)

(初診料・再診料などは含まれておりません。)

 

睡眠時無呼吸症候群の治療



当院では、 在宅治療としてCPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行っています。
CPAPとは寝ている間の無呼吸を防ぐために睡眠時に鼻マスクを装着し、そこから一定圧で気道に空気を送り続けて喉が塞がってしまうのを防ぐ治療です。

※ AHIとは睡眠1時間当たりの無呼吸、呼吸低下の回数



 

下記は毎月1回の通院時診察料と機器レンタル料を合わせた金額です。

1割負担 月1,460円(税抜)
3割負担 月4,380円(税抜)

(初診料・再診料などは含まれておりません。)